相続の廃除 (栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室業務日報)

栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室室長の石川です。

 

相続問題に絡む「トラブル事例」と(もしあれば・・)

その対処方法についてお伝えします。

 

今回は「相続の廃除」についてです。

 

自分の相続財産を相続させたくない相続人がいる場合に

どのような方法があるでしょうか?

 

まず遺言書を作成してその相続人の相続分を奪ってしまう方法が

考えられます。

 

ただ、その相続人が兄弟姉妹以外のものであった場合、

その相続人の遺留分減殺請求権を排除することはできません。

 

そこで民法では

遺留分を有する推定相続人(自分が亡くなった際に相続人となる人)が

自分に虐待をしたり、

重大な侮辱を加えた場合、その推定相続人に重大な非行があった場合、

その人の相続権(遺留分も含めて)を剥奪することを

家庭裁判所に請求することができます。

これを「相続廃除」と言います。

廃除を遺言で請求することもできます。

 

ただ、家庭裁判所がそれを簡単に認めるかどうかと言えば、

そうでもありません。

相当ひどいレベルでないと相続の廃除を認めることはありません。

 

それが認められた例は以下の通りです。

 

・定職に就かずに反社会的集団に加入し、

   重大な犯罪行為に手を繰り返し、服役中の息子

 

・親の財産を勝手に賭博につぎ込み、

   賭博で生じた借金の肩代わりまでさせた息子

 

・売春行為で何度も逮捕され、

   夫と離婚後は前科者と一緒に逃避行をしている娘

 

・結婚後も複数の女性に次々に子供を産ませ、

   妻子を捨てて女性と愛人と同棲している夫

 

・重病で入院している夫を見捨てて男性と同棲し、

   看病も見舞いもしなかった妻

 

ただし、廃除された相続人に子供がいた場合、

廃除された相続人の相続分はその子供に引き継がれます。(代襲相続)

 

廃除されるような相続人はそもそも一筋縄ではいかない人物です。

しかしながら、家庭裁判所が排除を認めて、

自分の気に入らない相続人の相続権を完全に奪うことは相当に難しい。

 

 

実際のところは、遺留分減殺請求権の行使を覚悟の上で、

特定の相続人に一切の財産を相続させない旨の遺言を書いて、

その相続人の相続権を剥奪する方法しかないように思います。

 

 

以上、栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室でした。

 

 

 

→ブログトップに戻る

 

→トップページに戻る

 

 

 

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域