民間の生命保険、郵便局の簡易生命保険の死亡保険金支払い請求手続きに関する当相談室の仕事の進め方

この業務に関しては、生命保険会社、郵便局の保険担当の外務員の方にご遺族様のご自宅まで出向いてもらうことを前提にして、その「お膳立て」をすることが当方の役割になります。

 

必要書類を整え、生命保険会社、郵便局と事前の打ち合わせを行い、ご遺族様のご自宅に担当者がお伺いしたときには所定の書類にご遺族様が署名押印をするだけで用が足りる状態にしておきます。

 

死亡保険金の支払いには死亡届受理証明書はかならず必要な書類になります。

死亡届受理証明書は、死亡日から1か月以内は市役所で取得できますが、

1か月過ぎると法務局で取得することになります。

 

取得できる理由が限定されていますのでそうそう簡単に取得できる書類ではありません。

郵便局の簡易生命保険について、100万円以上の保険金額の支払いを受けるために交付を請求する場合は交付を認める理由に含まれていますので、

交付を受けることができます。

(民間の生命保険の保険金請求は取得認容理由に挙がっていませんので、必要が生じても原則として取得することができません。)

 

死亡届受理証明書のコピーを保管しておくことを強くお勧めします。

(郵便局の簡易生命保険の死亡保険金支払い請求の場合には原本提出ですが、民間の生命保険会社の場合にはコピーで対応可能です。)

 

当相談室では死亡届受理証明書取得のための委任状を頂きます。

また、戸籍謄本、住民票、お亡くなりになった方の住民票の除票が必要になることもありますので、それに備えて、保険会社提出用を使用目的とする戸籍謄本等の取得の委任状も頂きます。

 

 

2017.11.1記

意外に使用頻度が高い書類が「死亡届受理証明書」です。

死亡日から1ヶ月過ぎるとわざわざ法務局に出向かなくてはなりません。

早い段階で多めに取得しておくか、コピーを多めに取っておくことをお勧めします。

 

2018.03.07記

最近では労災保険の遺族補償給付金の請求のために法務局にこの書類を

取得しに行きました。ちなみに手数料は無料でした。

 

 

 

ブログトップに戻る

 

→土地建物の名義書換以外の相続手続に戻る

 

→トップページに戻る

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域