相続に伴う「細かいけれど、忘れてはならない」手続き(栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室業務日報)

相続に伴う「細かいけれど、忘れてはならない」手続 

 

栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室所長の石川です。

 

本日は相続に伴う「細かいけれど、忘れてはならない」手続きについてご説明します。

 

住居の賃貸契約の名義変更

被相続人が契約していた賃貸住宅を遺族が継承使用する場合も名義変更の手続が必要です。

民間の場合は家主に連絡して契約者の名前を変更します。

名前を変更するだけで新たに契約書を作り直す必要はありません。

仮に先方が変更承諾しない場合にもそのままにしておいてかまいません。

相続による名義変更について貸主の承諾は不要です。

借地の場合も地主に連絡して名義の変更をします。

公団や公営住宅の場合は名義の継承についての規定があるので、

問い合わせをして必要な書類(名義継承願、戸籍謄本、住民票、所得証明書、印鑑証明書等)をそろえて手続をします。

 

電話加入権の名義変更

預貯金や債権、不動産、自動車などの相続財産は正式な遺産相続が決まるまで名義変更はできませんが、相続財産である電話加入権は正式な遺産相続が決まる前に加入権の継承手続ができます。

届出は所轄のNTTの営業所の窓口に申し出ます。

必要書類は被相続人の戸籍謄本(または死亡診断書の写し)、

新しい名義人の戸籍謄本、印鑑が必要です。

 

運転免許証、パスポート、無料パスなどの返却も忘れずに!

被相続人の運転免許証は遺族が保持していて、そのまま有効期限が過ぎれば無効になりますが、本来は被相続人の死亡と同時に警察署に返却するのが原則です。

有効期間の残っているパスポートも他人の手に渡って悪用されることが心配であれば、各都道府県の旅券課に持参して返却するか、手元に残しておきたい場合には無効の手続きを取ります。

公共機関発行の老人優待無料パスや交通機関等の無料パスもできるだけ早く担当係に返却しましょう。

 

クレジットカードやデパートの会員の解約・脱会

各会社に対してすみやかに行う。

 

携帯電話・インターネットのプロバイダーなどの解約手続き

各会社に対してすみやかに行う。

 

 

本日ご説明した手続きは、相続に伴う事務手続きの中で、あまり重要視されないと思われる手続きです。(軽く扱われがちな手続きだと思います)

しかし確実にしなければならない手続きです。

 

話は変わりますが、相続に伴う細かな事務手続きをやり漏らさないようにするためには、事務手続きに着手する前に、思いつくことを一気にリストアップしてしまうことだと思います。

あとはそのリストに従って粛々と手続きを進めていくだけです。

リストを作成することなく、いきなり相続に伴う事務手続きに着手してしまうとやることが多すぎてやがて混乱します。

まず「やるべき相続事務手続きリスト」を最初に作成することをお勧めします。

 

2017.9.19記

上記は比較的集めなくてはならない書類も少ないので、さっさと終わりしてしまった方が良いかも知れません。

 

 

以上、栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室でした。

 

→ブログトップに戻る

 

→トップページに戻る

 

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域