相続の基本知識6-2「遺留分」について(栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室業務日報)

栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室室長の石川です。

 

本日も引き続き「遺留分」についてご説明します。

本日は実際に遺留分が侵害されてしまったらどうするかという点についての説明です。

 

最低限度の相続分を保証する遺留分

被相続人〈故人〉が特定の相続人や第三者に一定の贈与または遺贈をし、それによって相続人の遺留分が侵害された場合、侵害された相続人は財産贈与または遺贈を受けた相手方に対して返還を請求し、まだ給付されていない財産に対する請求を拒否することがせきます。

この権利を「遺留分減殺請求権(いりゅうぶんげんさいせいきゅうけん)」と言います。

 

 

減殺請求の対象は死後の遺産だけではありません

贈与は相続開始1年目になされたものについては無条件に加えられ、それ以前になされたものについても、当事者双方が遺留分権利者に損害を与えることを知ってなされた場合には対象に加えられます。

 

遺留分減殺請求は相続の開始及び減殺すべき贈与または遺贈があったことを知ってから1年以内、相続開始後10年以内に行わないと請求権が消滅してしまいます。

 

減殺の順序も決まっています。贈与と遺贈では遺贈が先で、遺贈が減殺されてもなお、遺留分が侵害されているときには贈与についても減殺できます。

贈与がいくつもある場合には新しいものから古いものの順に減殺します。

 

 

2017.9.4記

遺留分減殺請求権(遺留分を返せという権利)は非常に強いものです。

請求された側は原則としてはそれに応じなくてはなりません。

生前に特定の相続人に財産を贈与したりする場合にはその他の相続人の遺留分について要注意です。

ただし、兄弟姉妹間の相続においては遺留分は考慮する必要はありません。

 

 

以上、栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室でした。

 

 

→ブログトップに戻る

 

→トップページに戻る



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域