相続の基本知識5「特別寄与分」について(栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室業務日報)

栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室室長の石川です。

 

本日は「特別寄与分」についてご説明します。

これもほとんどのケースで一連の遺産分割協議の中で処理していきますので、わざわざ寄与分だけピックアップして話し合うことはありません。

これについても一応講学上の知識としてご紹介します。

被相続人の面倒を自分だけで看た等他の相続人に比して被相続人に対する貢献度が大きい場合、その貢献は法的に保護されうるということです。

 

特別寄与分とは?

財産の維持や増加に貢献した人に認められる

「寄与分」というのは、相続人の中で被相続人の財産の維持や増加に特別に貢献してきた人〈特別寄与者〉がいれば、その人には法定相続分とは別枠で寄与相当の相続分が認められています。

たとえば、「家業の小売業の父親を助けて共に働き、店を大きくした長男」とか、「夫の事業を無給、あるいは非常に安い給料で手助けしてきた妻」とか、「父親の長期入院のために本来なら看護人を雇うなどして多額の出費が想定されるところ長女の介護によって出費を免れた」などのような場合です。

 

寄与分は相続人の協議で決める。

寄与分をどの程度認めるかは相続人の間の協議で決めます。寄与分は相続財産の中から差し引き、差し引いた分を法定相続により分割します。なかなか話がまとまらないときには寄与した人が家庭裁判所に請求して決定してもらいます。家庭裁判所では寄与の時期や方法、程度、遺産の額などを考慮して、寄与分の額を決定します。

 

〈説例〉

 

兄 寄与分 2000万円

弟 寄与分 なし

遺産総額  1億円

 

まず、1人の相続分の算定

(遺産1億円-兄の寄与分2000万円)× 1/2 = 4000万円

各人の相続分

兄 4000万円 + 寄与分 2000万円 = 6000万円

弟 4000万円

 

寄与分が認められるのは法定相続人のみ

寄与分は法定相続人だけに認められている制度です。

従って、「夫が亡くなった後、夫の両親の介護に努め来た嫁」とか、

「妻が亡くなった後夫婦同然に暮らし、家業を助けた内縁の妻」などは

どんなに個人の財産の維持、増加に努めたとしても相続人ではないので

寄与分は認められません。

 

 

2018.06.28記

「長男として親の面倒を看たから当然に他の相続人より優遇される、兄弟姉妹は必ずそれに同意するはず」と思い込んでいらっしゃる相続人がいますが、それは楽観的すぎる考えです。

争いになった時、寄与分が認められるハードルは結構高いのです。

 

 

 

 

以上、栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室でした。

 

 

→ブログトップに戻る

 

→トップページに戻る

 

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域