遺産分割協議で被相続人の借金のことを決められるか?(栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室)

栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室室長の石川です。

 

相続問題に絡む「トラブル事例」と(もしあれば・・)その対処方法についてお伝えします。

 

今回は「遺産分割協議で被相続人の借金のことを決められるか?」についてです。

 

被相続人の背負っていた借金を負いたくなければ、相続放棄の方法を採るべきです。

相続放棄をすると被相続人の遺したプラス財産の相続もできません。

最初から迷いなく相続放棄を選択する方は相続財産は借金の方がはるかに多いと確信して相続放棄をしているのだと思います。

 

今回は相続財産についてはプラスの方が多いかなぁと考えている方のお話です。

相続放棄は期限内に家庭裁判所に相続放棄の申述を行わなければなりません。

上記の方々の中にはそれを面倒だと考える方が結構いらっしゃいます。

 

「裁判所に申し立ててその結論を待つなんて時間かかるし、面倒だから、遺産分割協議書に誰が借金を引き継ぐか書いておけばいいじゃん」

という話になるわけです。

 

この方法で「被相続人が背負い込んでいる借金についてそれですべて解決!」と言えるのでしょうか?

 

答えはノーです。

 

遺産分割協議で借金を特定の相続人がすべて相続すると決めたとしても、それは相続人同士の内部的な約束事に過ぎません。

債権者にとってはまったく関係ないことです。

被相続人にお金を貸していた債権者は遺産分割協議の内容に拘束されることなく、各相続人に対して、それぞれの法定相続分に応じて、借金を返済するように請求することができるのです。

 

遺産分割協議によって、被相続人の借金の相続を決めることができるとすれば、相続人中の返済能力のない人に借金を相続させて、その相続人を自己破産させて、借金を0円するという手法も可能になってしまいます。

 

遺産分割協議で借金の相続を確定的にしたいのであれば、遺産分割協議の結果について債権者の承認が必要になります。

相続人の独断専行は債権者に通用しません。

 

 

2017.8.24記

債権者の立場からしても、相続人サイド(債務者サイド)の都合で今後の債務の回収状況が決められてしまったらたまったものではありません。

貸した金はきっちり回収したいのが人情。

財力がある相続人に債務を引き継いでもらいたいと考えるのは当然です。

 

2018.08.10記

銀行に借り入れのある方がお亡くなりになった場合には、完全に借金の引き継ぎを回避したいのなら、遺産分割協議とは別途に免責的債務引受契約の締結が必要になります。

 

 

 

以上、栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室でした。

 

 

→ブログトップに戻る

 

→トップページに戻る

 

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域