預貯金の解約に四苦八苦!?(栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室業務日報)

栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室室長の石川です。

 

相続問題に絡む「トラブル事例」と(もしあれば・・)その対処方法についてお伝えします。

 

今回は「預貯金の解約に四苦八苦!?」です。

 

預貯金は、口座の名義人が亡くなると、

その相続人から金融機関に死亡連絡をしなくても

口座が「凍結」されてお金がおろせなくなります。

金融機関の方が新聞のお悔やみ欄をチェックしているためです。

たまたま金融機関の方が見逃していれば、

少しの間はキャッシュカードで亡くなった方のお金がおろせるかも知れません。

しかし定期預金はキャッシュカードでは引き下ろせません。

期預金はどうしても相続人が金融機関に被相続人の死亡の届けをして、

相続に関する所定の手続をする必要があります。

 

法的には、預貯金は遺産分割協議をするまでもなく、

各相続人が法定相続分の割合に応じた金額を自動的に相続することになっています。

しかし実際には各相続人が金融機関の窓口に行って、

自分の法定相続分だけの預貯金をおろそうとしても

それに応じてくれることはありません。

 

金融機関が預貯金の解約に応ずる際には金融機関ごとの所定用紙

もしくは遺産分割協議書に、相続全員の署名実印押印及び印鑑証明書の添付が必要です。

 

相続人の人数が多い場合や何らかの事情によって

遺産分割協議ができない場合には

相続人が「凍結された」預貯金を解約してお金をおろすのに

大変苦労することになります。

 

以上、栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室でした。

 

2018.10.01記

従前の判例では、相続預金について、

各相続人は法定相続分に応じた払戻しを請求することができるとされていました。
金融機関実務においても、原則としては、相続人全員の合意による払い戻しが求められているものの、相続人全員の合意が難しい場合には、相続分に応じた払い戻しを認めることも多かったです。
しかしながら、平成28年12月19日の最高裁の決定により、

今後は遺産分割協議の成立なしに、相続預貯金の払い戻しを行うことは

難しいと考えられます。

私も実際、郵便局の窓口の方に

「最高裁の判断で今後は相続人一人一人からの払い戻しはできなくなりました」

と言われたことがあります。

その方はおそらく入って間もない若い女性でしたが、

金融機関内ではここまで徹底周知されていることが分かりました。

 

 

→ブログトップに戻る

 

→トップページに戻る

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域