法定相続人の範囲・順位・法定相続分

法定相続人の範囲とその順位

相続人の範囲や法定相続分は、民法で次のとおり定められています。

 

 (1) 相続人の範囲

死亡した人の配偶者は常に相続人となり、

配偶者以外の人は、

次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。

自分より順位が上の相続人がいる場合、

自分には相続権がありません。

 

1順位

死亡した人の子供

その子供が既に死亡しているときは、

その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。

子供も孫もいるときは、近い世代である子供の方を優先します。

 

2順位

死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)

父母も祖父母もいるときは、

近い世代である父母の方を優先します。

2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になります。

 

3順位

死亡した人の兄弟姉妹

その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供。

3順位の人は、第1順位の人も第2順位の人もいないとき

相続人になります。

 

配偶者がいないときには、子供が、

配偶者も子供いないときには直系尊属が、

配偶者も子供も直系尊属もいないときには兄弟姉妹が、

それぞれ全遺産を取得します。

相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとされます。

また、内縁関係の人は、相続人に含まれません。

 

(2) 法定相続分

イ 配偶者と子供が相続人である場合

 配偶者12 子供(2人以上のときは全員で)12

 

ロ 配偶者と直系尊属が相続人である場合

 配偶者23 直系尊属(2人以上のときは全員で)13

 

ハ 配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合

 配偶者34 兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)14

 

なお、子供、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、

原則として均等に分けます。

また、民法に定める法定相続分は、

相続人の間で遺産分割の合意ができなかったときの遺産の取り分であり、

必ずこの相続分で遺産の分割をしなければならないわけではありません。

 

※婿養子は遺産を相続できるのか?

結婚するときに女性の姓を選んだ場合、

夫となった女性を婿養子と呼ぶことはありますが、

婚姻関係を結んだだけでは妻の両親と法律上の親子関係はありません。

したがって妻の姓を名乗っても妻の両親の財産を相続することはできません。

相続人となるためには妻の両親と正式な養子縁組をする必要があります。

妻の両親から見ると娘婿に財産を相続させたいならば

婿養子と正式に養子縁組をしなくてはなりません。

 

※養子になると実父母の相続人になれないのか?

養子縁組をしても実父母との親子関係が亡くなるわけではないので、

実兄弟同様、相続権があり順位も同等です。

つまり養子になると実父母と養父母両方の相続人になるのです。

 

 

→相続についての基本知識

 

→トップページに戻る

 

 

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域