被相続人が負っていた保証債務の厄介さ

「被相続人が負っていた保証債務の厄介さ」についてです。

 

保証債務も当然のこと相続の対象になります。

保証人の死亡後に本来の債務者が破産したり夜逃げしたりして

債務の弁済ができなくなると、

保証人の相続人がその債務を肩代わりしなければなりません。

 

被相続人が自分の経営していた会社の債務を

保証していたような場合なら

相続人はその存在を容易に把握できるため

あまり問題にはなりません。

 

特に問題となるのは、

知人や友人の債務の保証人になっていた場合です。

ほとんどの人が家族の反対を恐れて、

家族に内緒で保証人になっているからです。

 

さらに保証債務は本来の債務者が

債務をきちんと弁済している間は

保証人が請求を受けることはありませんので、

相続放棄の熟慮期間である3ヶ月の間には

相続人がその存在に気がつくことがないのです。

 

本来の債務者が債務の弁済に窮して初めて

保証人に請求がくるので、

被相続人の死亡後何年もたってから請求がきて、

そこで初めて被相続人が負っていた

保証債務の存在に気づくことだってあり得ます。

 

もっとも、仮に、本来の債務者が債務の弁済に窮する前に

保証債務の存在に気がついたとしても、

相続放棄すると保証債務を相続しない代わりに

自宅や預貯金等の財産も相続できなくなります。

本来の債務者がきちんと債務を弁済し続ければ

保証債務の履行が現実化することはありません。

本来の債務者がきちんと債務を弁済し続けることを信じて、

相続を承認するかどうか非常に悩ましいところです。

 

保証債務は時限爆弾のようなものです。

本来の債務者が債務の弁済に窮して初めて現実化します。

運命を他人(本来の債務者)に握られている状態です。

 

被相続人が人の良い(人にものを頼まれると断れない性格)方だった場合、

保証債務の存在を要警戒です。

 

 

 

 

以上、栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室でした。

 

 

 

→借金系トラブルに戻る

 

→相続トラブルとその対処法に戻る

 

→トップページに戻る

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域