家族に内緒の借金が発覚した場合

被相続人が亡くなってしばらくして、家族に内緒の借金が発覚した場合

 

被相続人の背負っていた借金を負いたくなければ、

相続放棄をする方法があります。

「相続財産を見てみると、どうも借金の方が多いようだ」と判断したら、

迷わず相続放棄の方法を採るべきです。

 

ただし、相続放棄は期限が決まっています。

被相続人が死亡した事実と自分がその相続人であることを知ったとき

(通常は被相続人死亡の時)から、

「3ヶ月以内」に家庭裁判所に申し立てする必要があります。

 

「3ヶ月」の期間を熟慮期間と言いますが、

これを過ぎてしまうと、

その相続を「単純承認」したとみなされてしまいます。

「単純承認」とは資産も借金も一切がっさい引き受けることです。

 

仮に「3ヶ月」を過ぎて、

忘れた頃に被相続人の借金が判明した場合どうしたらよいのでしょうか?

 

それまでの間、被相続人の預貯金を解約して好きに使ってしまった

いう状況なら、もはやどうしようもありません。(法定単純承認)

 

借金の存在を疑いつつ、

被相続人の財産に手をつけないまま過ごしていたところ、

いきなり借金の存在が判明した場合だったらどうでしょうか?

 

熟慮期間を過ぎた理由が

「被相続人には財産も借金も全くない信じたためであり、

かつ、そのように信じたについて相当な理由があると認められるとき」

には、

例外的に実際に被相続人の借金が判明したときから

熟慮期間(3ヶ月)をカウントするとする判例があります。

 

よって、被相続人の預貯金等に手をつけていなければ、

借金が判明した後でも相続放棄の手続をとることができます。

 

何となく被相続人には家族に内緒の借金があるかも知れないと思ったら、

熟慮期間を延長して様子を見るという方法もあります。

具体的には「相続の承認・放棄の期間伸長審判申立書」を

家庭裁判所に提出します。

ただし、これは「忙しくて調査をする時間がない」

などと言った理由では認められません。

相続財産の種類や複雑さ、評価が非常に困難な場合や

財産の所在地など様々な要素によって

家庭裁判所が総合的な判断を行います。

また、延長期間も個別の要件によって違います。

 

いずれにしろ熟慮期間中は

被相続人の預貯金等に手をつけるわけにもいかず、ジレンマです。

神経を使います。

 

 

以上、栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室でした。

 

 

→借金系のトラブルトップに戻る

 

→相続トラブルとその対処法に戻る

 

→トップページに戻る

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域