相続人が誰もいない場合、相続はどうなる?part2

栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室室長の石川です。

 

相続問題に絡む「トラブル事例」と

(もしあれば・・)その対処方法についてお伝えします。

 

 

今回は「相続人が誰もいない場合、相続はどうなる?part2」です。

 

故人に相続人が誰もいないことが確定した場合、

自分は故人と特別な関係があった人と思う人は、

一定期間内に家庭裁判所に

「特別縁故者への財産分与」の申し立てを行って、

家庭裁判所が認めれば、

残った遺産の全部または一部を受け取ることができます。

 

実際に特別縁故者として認められた例は以下のとおりです。

 

故人と生計を同じくしていた人として

・内縁の夫婦

・事実上の養親子

・叔父叔母

・継親、継子

・子の妻

 

故人の療養看護に努めた人として

・遠縁の親戚

・民生委員

・元職場の同僚

 

単に病院に見舞いに行ったとか、

よく食事をともにしたという程度では

特別縁故者としては認められません。

 

その他故人と特別の縁故があった人として

・長期にわたって故人の生活の援助をした人

・故人の身の上の世話や財産の管理をした人

・故人の精神的な支えであった人

・師弟関係であった人

・故人から継続的に経済的な援助を受けていた人

 

法人や団体が認められた例もあります。

・死亡時に入所していた介護施設

・私財を投じて経営していた学校

・菩提寺

・かつての勤務先

 

 

特別縁故者は一人に限りません。

しかし何人もの人が我こそは申し立てを行うと、

逆に自他共に認めるような決定的な特別縁故者がいないと

受け止められ、

誰も特別縁故者と認められなかったということもあるようです。

 

遺産が特別縁故者に分与されるかどうか、

どの程度分与されるかどうか、

故人との人間関係の度合い等諸々の事情を勘案して、

家庭裁判所が決定します。

 

 

以上、栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室でした。

 

 

→相続手続が進まないトラブルに戻る

 

→相続トラブルとその対処法に戻る

 

→トップページに戻る

 

 

 

 

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域