相続放棄とは?

相続放棄とは、

相続人が被相続人(亡くなった方)の相続財産の相続を

放棄することです。

被相続人(亡くなった方)の

すべての相続財産(土地建物、現金預金等のプラスの財産と借金、

連帯保証人の地位等マイナスの財産)を相続せずに

最初から相続人ではなかったとみなされます。

多額の借金をしている方が亡くなられた場合、

相続人がその借金を引き継いで支払わなくていいように、

相続人には相続放棄という手段が与えられています。

 

相続放棄をすれば、例えば、被相続人に多額の借金があったとしても、

残された相続人の方は、一切の借金を引き継がなくても済むのです。

同じように、被相続人が誰かの連帯保証人になっていた場合も、

保証人の地位を引き継がなくて済みます。

 

被相続人が多額の債務を負担している場合

相続人が家庭裁判所に対して相続放棄を申し立てることは

被相続人の借金を一切引き継がないために

非常に重要な手続きとなります。

 

なお、最初から相続人ではなかったとみなされるため、

代襲相続(被相続人の子が被相続人より先に死亡しているので

孫が相続すること)も起こりません。

 

そして、相続放棄のデメリットとして

次順位の相続人がでてくるということがありますので注意が必要です。

例えば、妻と子供全員が相続放棄をしてしまうと

被相続人の親、

親が既に亡くなっている場合には、

兄弟姉妹が相続人になります。

 

親や兄弟姉妹など次順位の相続人に事前に自分らの相続放棄のことを

話しておかないと、

何も知らない親や兄弟姉妹に債権者からの突然督促状が送付され、

それにより相続放棄したことがはじめて発覚することになりかねません。

そんなことになればその後の親戚関係にヒビが入ってしまうかも知れません。

 

相続放棄する場合には、

被相続人の親や兄弟姉妹など

自分の相続放棄より相続人になる次順位の相続人には

相続放棄する旨

そしてそのことにより被相続人の債務を次順位の相続人が

相続することになる旨

はきちんと話しておくべきです。

 

 

 

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域