相続放棄に関してよくある質問 その2

1.相続放棄は、3ヶ月以内なら何度でもチャレンジできる?

 

  チャレンジできるのは1度きりです。

  1度相続放棄が認められなければ、もう相続放棄はできないこと

  になります。
  そのため、個人で安易に相続放棄手続きをする前に、

  一度相続放棄の専門家に相談された方が無難とも言えます。 

 

2.相続放棄をするか迷っています。裁判所でも相談できますか?

 

  裁判所はあくまで、申請があったものを受付け、

  判断する場所で相談機関ではありませんので、

  個々の事情にあわせての相談はできません。

  専門家に相談するしかありません。 

 

3.相続放棄は必ず家庭裁判所の手続きを経ないといけませんか?

  何も受け取らないと宣言しただけではだめですか?

 

  「単に遺産分割協議で遺産を受け取らない」

  「実際に何も受け取っていない」

   としても相続放棄したことにはなりません。

  将来的に借金があったとわかっても、

  相続放棄はできなくなってしまいますので、

  相続放棄をする場合は必ず家庭裁判所で手続きをしましょう。 

 

4.相続放棄の手続きはどのくらい時間がかかる?

 

  家庭裁判所へ書類を提出してから、

  スムーズに進めば1ヶ月以内で手続きは終わることが多いです。

  ただし、裁判所との郵送やりとりや、

  裁判所内の審議にかかる時間もありますので、

  1ヶ月では終わらないこともあります。 

 

5.相続人が未成年や認知症の場合、

  親などの親族が代理人として相続放棄を申立てることはできる?

 

  未成年の場合、親が法定代理人として申立てをすることができます。

  認知症の場合、成年後見人をたてる手続きをする必要があります。

  すでに成年後見人が付いている場合は、

  成年後見人が代理人として申立てします。 

 

6.債権者から「相続放棄をしたら、証明書を提出するように」と

  言われました。証明書とはどんなものですか?

 

  裁判所が発行する「相続放棄申述受理通知書」、

  「相続放棄申述受理証明書」とよばれる書面です。

  

  「相続放棄申述受理通知書」は相続放棄を認めました旨を

  申立人(申述人)に通知するための書面であり一度しか発行されません。
 

  一方、「相続放棄申述受理証明書」は、

  いわば「相続放棄申述受理通知書」の謄本であり、

  申請すれば何枚でも発行してもらえます。
 

  一般的に、債権者へは「相続放棄申述受理通知書」のコピーを

  渡せば足りますが、もし証明書原本の提出を求められたら、

 「相続放棄申述受理証明書」を取得し提出すればよいでしょう。  

 

  ちなみに、債権者であれば、「相続放棄申述受理証明書」を

  取得することが出来ますので、

  債権者自身にとってもらうようお願いすることも可能です。

 

 

→相続放棄についてに戻る

 

→トップページに戻る



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域