相続放棄期限を3ヶ月以上に延ばす方法

理由があれば家庭裁判所へ申立てをすることで

3ヶ月の期間を延長することができます。

 

相続が発生したときにプラスの相続財産だけなら

相続人同士でどのように相続するか決めるだけなので

あまり悩む必要もない場合があります。

 

反対に、プラスの財産だけでなく借金などのマイナスの相続財産が

あり、かつどちらが多いかがよく分からない場合は、

相続放棄すべきか否か悩ましいところです。

 

例えば、被相続人(亡くなった方)とは、

もうずっと別々で暮らしていたので

被相続人が借金をかかえていたか、

他人の保証人になっていたかが

分からないという場合など、

3ヶ月以内に相続放棄してよいか迷うところです。

 

相続放棄の申立は、原則相続発生を知ってから

3ヶ月以内に行わなければならないと決まっています。

そして、その3ヶ月の期間内に相続放棄も限定承認もしなかった場合は、

単純承認といって相続をしたことになってしまいます。

 

単純承認、限定承認又は相続放棄のいずれかを、

相続人は自分のために相続があったことを知った時から

3ヶ月以内に決めなければいけません。

 

相続人が3ヶ月の期間内に相続財産の状況を調査しても、

相続財産はプラスなのかマイナスなのかの結論が出ない場合もあり得ます。

一生懸命調査をしたにもかかわらず

相続財産の内容を完全に把握しきれずに

単純承認、限定承認又は相続放棄のいずれにするか決定できない場合

家庭裁判所へ申立てをすることで3ヶ月の期間を延長することができます。


そして、この延長された期間を使って、

例えば不動産がいくらで売却できるのか、

借金や保証人になっていなかったかなどを詳しく調べて、

相続するのか相続放棄をするのかを決めることができます。

 

 

 

→相続放棄についてに戻る

 

→トップページに戻る



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域