3ヶ月過ぎても相続放棄できる場合(補足1)

「亡くなられた方の資産や負債の存在を知った時から

3ヶ月経過していない」
という条件を満たしている必要があります。

 

他にもいくつかポイントはありますが、この条件が最も重要です。
実際、上記の条件を満たしていれば、

ほぼ全て相続放棄が認められています。

 

なお、東京高等裁判所は

「家庭裁判所は、却下すべきことが明らかな場合以外は、相

続放棄の申述を受理すべきものであると解される。」

との決定を平成22年8月10日付けで出しています。

 

資産や負債の存在を知らなかったのであれば、

相続放棄を検討するきっかけすらなかったはずです。

検討するきっかけすらなかったのであれば、

相続放棄をできていなくともやむを得ないため、

「相当の理由」があったと裁判所に対して説明しやすくなります。

 

従って、「亡くなられた方の資産や負債の存在を知った時から

3ヶ月経過していない」という条件を満たしていれば、

相続放棄を認めてもらえる可能性が非常に高いといえます。

 

故に相続放棄を家庭裁判所に認めてもらおうとするならば

負債に関する通知の放置は決してするべきではありません。

「自分に関係ない」と考えて放置することは決してすべきではありません。

 

債権者からの通知が届いて負債の存在を知ったにも関わらず

相続放棄をしなかった場合は、

相続放棄を検討するきっかけがあったのに手続きを怠ったと

裁判所が判断する可能性が高まりますので、

相続放棄を認めてもらうことが非常に困難になります。

 

債権者等から通知が届いて、負債の存在を知ったのであれば、

必ずその通知が届いた時から3ヶ月以内に相続放棄の申立をすべきです。

債権者から負債に関する通知が届いていなくても、

債権者や他の親族等から連絡を受けて負債の存在を知ったのであれば、

必ず連絡を受けた時から3ヶ月以内に相続放棄の申請をすべきです。

 

 

→相続放棄についてに戻る

 

→トップページに戻る

 

 

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域