古い権利証と売買契約書扱いについて

栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室室長の石川です。

 

相続に関するやや細かい知識を書いていきます。

「古い権利証や売買契約書の取り扱い」に関してです。

 

「相続登記は済ませて、新しい権利証(登記識別情報)ができあがったが、

父親名義の権利証や父親がその不動産を購入した際の売買契約書は

どうしたらよいか?」

 

私たちがよく依頼者から受ける質問です。

 

そのようなご質問に対しては

「できれば全部保管しておいた方が良いとは思いますが、

 最低でも古い売買契約書だけは保管しておいて下さい」

とお答えいたします。

 

その不動産を売却した際の譲渡所得税を申告納付する際に

非常に重要な書類となります。

 

譲渡所得とは、「売ったときの値段」から

「もともと買ったときの値段」等を差し引いた金額のことです。

要するに「もうけ」のことです。

 

もともと買ったときの値段が高ければ高いほど、

その分だけ差し引く分が多くなって、

課税される譲渡所得税を圧縮できる仕組みです。

 

古い売買契約書が残っていれば、

もともと買ったときの値段を証明できますので、

売却代金からその値段を差し引くことができます。

 

残っていない場合、もともと買ったときの値段を証明できる証拠が

ないですので、もともとはいくらで買ったと主張しても認められません。

このときには、売却代金の5%だけしか差し引きできません。

 

95%の差は非常に大きいです。

 

お亡くなりになった方の遺された書類の中には

意外なお宝が眠っているかも知れません。

 

 

以上、栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室でした。

 

 

2018.05.10記

これは個人的にはすごく大事なことだと思います。

名義が換わったのだからすべて処分して構わないなんて言ってしまったら

責任問題ですね。

バブル時代に土地を購入した方の相続の場合には特に注意です。

土地を相続した相続人がその土地を売却した場合、

譲渡所得税がかかる可能性はほとんどないにもかかわらず

売買契約書がないばかりに譲渡所得税を払う羽目になります。

司法書士としては気楽に構えられない注意点です。

 

 

→相続についてやや細かい知識に戻る

 

→トップページに戻る

 

 

 

 

 

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域