名義預金について

栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室室長の石川です。

 

相続に関するやや細かい知識を書いていきます。

 

「名義預金」に関してです。

 

「郵便局や銀行で、親や祖父母が子や孫名義で口座を作ってお金を貯め、

子や孫が必要になったときにまとまったお金が使えるようにする」

 

少し前であればよくあった話です。

金融機関の口座開設における本人確認は今ほどうるさくありませんでした。

比較的簡単に子や孫名義の口座が作れました。

 

未成年が口座を作ること自体が禁止されているわけではありません。

親権者が同意した上で、預入をする資金の出所が未成年者本人のものが

確認できれば可能です。

 

問題はまだ規制が緩やかだった時代の預金口座です。

たとえば祖父が自分の資金利用して

孫の名義で作った預金口座に預けられているお金に関して、

祖父は本当に名義人である孫にあげるつもりでいたのかも知れません。

しかし証拠はないことがほとんどです。

疑ってかかればきりがありませんが、

財産隠しのための銀行口座だったかも知れません。

他人に知られたくないお金をプールするための銀行口座だったかも

知れません。

しかしこれも証拠がないことがほとんどでしょう。

 

ただ一つ紛れもない事実は、

「祖父のお金が祖父によって孫の銀行口座に預けられた」

ということです。

このような預金の形は「名義預金」や「借名預金」と言われ、

基本的にその口座のお金は本当の預金者である祖父のものと

みなされることになります。

つまり「原資を用意して、それを預金していたのは祖父であって、

たまたま置き場所として孫の名義の口座を借りていたに過ぎない」

と解釈されます。

祖父のお金なので祖父が亡くなれば祖父の遺産の中に含まれます。

たとえ孫の名義であっても真の預金者が祖父であれば

孫のものになるとは限りません。

 

この「名義預金」等は特に相続税申告の場面で大きな問題になります。

「名義預金」と判断されれば、当然のこと相続税の対象財産に含まれます。「名義預金」は税務当局にすれば、

見つけることは意外に簡単なことのようです。

 

そもそも「あげた」つまり「贈与」はあげる側の意思と

もらう側の意思の合致が初めて成立するものです。

さきほどケースでは祖父の「あげる」と

孫の「もらう」意思の合致があって

初めてその預金が孫のものになるわけです。

(もっともこの場合贈与税の問題は残ります)

祖父が孫の知らないところで勝手に孫名義の預金口座を作ったところで

「贈与」は成立していないことになります。

そうなれば相変わらずその預金は祖父のものです。

 

財産隠しの方便として孫名義の預金口座を作った場合は論外ですが、

一方的に孫にあげるつもりで孫名義の預金口座を作っても、

孫が存在も知らず、預金通帳や銀行印の管理を行っていなかった場合、

善意がまったく実を結ばず、かえって迷惑なことになりかねません。

 

 

以上、栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室でした。

 

 

 

→相続についてやや細かい知識に戻る

 

→トップページに戻る

 

 

 

 

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域