遺言の中での財産特定

栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室室長の石川です。

 

相続に関するやや細かい知識を書いていきます。

「遺言と相続させる財産特定」に関してです。

 

「財産との特定が不十分な遺言でも有効か?」

 

遺言の解釈に関する一般的な考え方

遺言には必ず記載しなければならない事項が法律で決められています。

また遺言によってなし得る行為も法律によって定められています。

しかし、些細な誤りがあるだけで遺言を無効としたり、

真意と異なることが明らかとなる解釈をして

遺言者の最後の意思を無視してしまうことは妥当ではありません。

遺言者の意思解釈にあたっては、遺言書に表示された文字に拘ることなく、

遺言者の真意を合理的に探求することが大切です。

些細な誤りにとらわれることなく、

できるだけ適法有効なものとして解釈すべきであるとされています。

(最高裁判例 昭和58年3月8日他)

 

財産の特定が不正確な遺言

例えば、

「栃木県宇都宮市一ノ沢町285番地28の物件は長男Aに相続させる」

という内容の遺言書について

1.土地のみを指すのか

2.建物のみを指すのか

3.土地と建物の両方を指すのか

文言上は不明確です。

 

ただ、この遺言は相続分の指定を伴う遺産分割方法の指定として

法律上の遺言事項にあたりますので、

不明確だから無効とするわけにはいかないでしょう。

 

真意は上記1~3のいずれか、

遺言書のその他の記載との関係や遺言者が残したその他の資料、

遺言者の生前の言動などとともに慎重に判断することになります。

 

 

以上、栃木・宇都宮の相続手続何でも相談室でした。

 

 

→相続についてやや細かい知識に戻る

 

→トップページに戻る

 

 

 

 

 

 



メールフォーム

 

メールでのお問い合わせの際は

上記をクリックしてください。

 

栃木・宇都宮『相続手続き何でも相談室』室長の石川です。

「栃木・宇都宮の相続手続を手間なく早く正確に!」


このことをモットーにご相談は出張相談を含めすべて無料にて対応しております。

相続手続は思い立ったときに迷わずに着手しておくことをお勧めします。

いったん放置してしまうとその後に再チャレンジするのは相当におっくうです。

面倒な相続手続はさっさと済ませてしまいましょう。

相続手続に関すること、何でもお気軽にご相談下さい。

依頼者の方にできる限りお手間をおかけしないよう、スマートな仕事運びを心がけます。

よろしくお願いします。

 

栃木・宇都宮

「相続手続き何でも相談室」

〒320-0049

栃木県宇都宮市一ノ沢町

285番地28 

メゾン一の沢101

室長

司法書士・社会保険労務士

   石川 裕隆

電話 028-612-5515

FAX 028-612-5588 

栃木県司法書士会

登録番号356号 

簡裁訴訟代理認定司法書士 

第206018号


栃木県社会保険労務士会

第09080010号

特定社会保険労務士付記

 


相続手続き何でも相談対応エリア(無料出張相談歓迎)

宇都宮市

日光市

鹿沼市

塩谷町

上三川町

さくら市

高根沢町 

矢板市

芳賀町

壬生町

 

その他

栃木県全域